耐震補強工法

耐震補強工法

 

わが国では、耐震に対するさまざまな工法が開発されています。メーカーによって、その
種類もさまざまですので、それぞれの住まいにあった工法を取り入れることが望ましいで
しょう。いくつかご紹介しますと、構造品質保証研究所の「SRF工法」は、建物の一部に
高延性補強材を接合部に貼る方法で、その箇所の変形等を防止します。

株式会社ケアンズ・コーポレーションの「DSGパワーウォール」は、壁の外付けにより、
剛性が高まります。工事は室内の作業がありません。また、デザイン性にもすぐれ、費用
も低くてすみます。板橋製品技術大賞・優秀賞受賞しています。

また、株式会社鴻池組の「仕口ダンパー」は、制震性の装置で、これを取り付けることで、
揺れを軽減できます。装置も小さくて、取り付けが簡単です。さらに、大建工業株式会社
のダイライト耐震かべ「かべ大将」は、耐震パネルですが、木造住宅での床や天井に取り
付ける補強工法です。

リフォーム等で、取り付けると壁が補強されます。また、数寄屋工務店の「ハードロック
工法」
は、耐震補強工法筋交で、壁に取り付けることで、建物の歪みを直し、耐震性の高
くなります。この他にも、さまざまな耐震補強のための工法があり、種類が豊富ですので、一番あったもの
を選ぶことができます。