和洋折衷な花祭壇

結婚式ではよく教会でのシーンを目にするが、日本のお葬式を教会で執り行うイメージがあまりないがその教会でのお葬式でも最近主流の花祭壇があるらしいのです。

教会でのお葬式は日本のお葬式がそのまま教会で行なわれるような雰囲気だが、祭壇の部分は日本の花祭壇とは少し異なるようです。

日本風の花祭壇では大きく祭壇を設けるのが多いが、教会での花祭壇はの周囲に少しだけ花を設けて、どちらかというと小さく可愛らしさが際立つような雰囲気のものです。

日本の花祭壇は華やかに大きくという感じだが、洋式では小さくひっそりと飾るのが主流なのか、あまり目立たないように思うが世界のお葬式を映画などで見てもやはり小さく静かにという雰囲気のようで、文化の違いを垣間見ることができるシーンです。

だがはたして海外有名人の、例えばアメリカはハリウッドのビバリーヒルズ在住の、有名俳優や女優などのお葬式の花も静かに飾り付けられるものが多いのかどうか気になるところですね。